〒546-0044 大阪府大阪市東住吉区北田辺5-2-24
月・火・木・金/9:00~20:00 水・土/9:00~18:00

TEL 06-7897-6886
Mail info@okazakiseikotsuin.com

院長ブログ 『О脚を改善したい~О脚を治すためにやめること~』

院長ブログ 『О脚を改善したい~О脚を治すためにやめること~』

О脚を改善したい~О脚を治すためにやめること~

 

From 岡崎浩司
おかざき整骨院の院長専用デスクより

 

院長ブログへようこそ(^O^)
今回もブログを読んでくれたあなたに感謝します。

 

あなたは今、О脚でお悩みではありませんか?

О脚とは、かかとをつけて真っすぐ立った時に太もも・ひざ・ふくらはぎ・内くるぶしのうちでどれか1つでも付いていない状態のことを指します。

О脚の場合、常に脚と脚の間に広いすき間ができてしまうため、スタイルが悪く見えたり、きちんと立っているのにだらしない印象を与えてしまうこともあります。

また、ひざから下が大きく湾曲するひざ下О脚では、特に脚が短く見えてしまいやすくなります。

さらにО脚は骨格がゆがんでいる状態なので、ゆがみによる下半身太りや猫背、肩こりなどの原因にもなってしまうことがあります。


О脚に悩む人の多くの場合が、後天的な原因によるゆがみからくるО脚です。

生まれつき脚の骨がゆがんでいることによるО脚の人もまれにいますが、ほとんどが後天的なもののため、心がけ次第で改善していくことが可能です。

まずは日常生活の中でО脚の原因になり得る要素を排除していきましょう。


【О脚を治すためにやめること】

1. 床に座らない

ぺたんこ座り

特に正座や、ひざを外側に曲げてその中にお尻を落として座るぺたんこ座り(女の子座り)は、骨盤が広がったりひざが開きやすくなって、О脚の原因となります。

なるべく椅子に座る習慣をつけるか、床に座る時には脚を前に真っすぐ伸ばして座りましょう。


2. 脚を組まない

13326423Wed Jan 14 16:41:58 JST 2009

椅子に座った時に、脚を組む癖がある人は要注意です。

脚を組むことで骨盤が左右非対称にひねられた状態でキープされ、О脚につながってしまいます。


3. ヒールの高い靴を避ける

ヒールを履く

ヒールの高い靴を履くと、つま先に重心がかかります。

前方に向かって負荷がかかった状態が長く続くので、骨盤はその不自然な状態のバランスを保とうとしてゆがみを引き起こしやすくなります。

極端にヒールの高い靴は避けるのが無難ですが、どうしてもヒールの高い靴を履く時には、必ず自分の脚に合ったものを選び、できるだけ短時間の使用にとどめると良いでしょう。


4. 立ち方や歩き方に気を付ける

がに股歩き

カバンや重たいものを持つ時、常に同じ方で持つ癖がある人はとても多いと思いますが、これもО脚の原因になります。

片方ばかりで物を持つと、重心が重い方ばかりに傾き、立った時に片足重心になりやすくなり、骨盤のゆがみなどからО脚を引き起こします。

また、がに股歩きを指摘されたことがある人は、О脚が原因でがに股を引き起こしていたり、反対にがに股が原因でО脚になってしまうこともあります。


少しの意識でも変えられる部分から始めていき、О脚になりにくい生活習慣を身に付けましょう。

次回のブログでは、具体的なО脚の治し方も紹介していきます。

 

今回も最後までブログを読んでくれたあなたへ

 

本当にありがとうございます。
心より感謝を申し上げます。

また、お役立ち情報があればあなたにメールをさせてもらいますね(^O^)

 

おかざき整骨院では、ただ今お得なキャンペーンをしております。
まずは、3回当院の施術を受けてみて効果を体感してみてください。

初回ご来院の方限定

通常料金→初診料 ¥2,000 + 施術料 ¥3,800×3回 = 合計料金¥13,400が
初回限定¥4,900

※上記全て税込
※1日3名限定です。
※本キャンペーンは予告なく終了する可能性があります。

お問い合わせ・ご予約はこちらから

TEL: 06-7897-6886

メールはこちら

ご予約はこちらから